ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

蔦の細道

 

DSC_0284縮小版.jpg

お昼過ぎから蔦の細道を歩いてきました

以前から行きたいと思っていましたが、「広報しずおか」にもハイキングコースが紹介されて

いて、主人を引っ張り込んでいざsign01 道の駅・宇津ノ谷峠へ dash

車を置いて山道を登り始めたけどけっこう キツイsweat01 でも綺麗な竹林や山の空気が美味しく

所々、石畳になっていたりと趣があり、さすが伊勢物語に出てくる東海道といった感じでした

  宇津ノ谷峠の明治トンネル(日本初の有料トンネル)はレンガ造りで、ランタン風のオレンジの灯りが

とても暖かな感じ confident

トンネルを抜けた宇津ノ谷の集落も石畳で、それぞれの家に屋号の書かれた看板が下がっていました

なんか親しみがあってイイですねhappy01

DSC_0280縮小版.jpgDSC_0283縮小版.jpgDSC_0282縮小版.jpg

 

1時間半~2時間の歴史散歩 ぜひ、歩いて見て下さい

次回はもう少し長いコースに挑戦ですsign03

by taka-p

復興ぞうきん

復興ぞうきん縮小版.jpg

過日、「東日本大震災復興支援シンポジウム」が開かれ、静岡からできる支援をテーマに

市民交流による被災地支援の事例発表がありました

その時、岩手の特産品と一緒にこの「復興ぞうきん」も販売されていました

1枚300円(200円が縫い手さんの収入に)で一枚一枚縫った方の名前と出身地が

書かれています

被災し岩手県内陸に転居された方たちが「紡ぎサロン」で縫ったそうです

「紡ぎサロン」での作業が、知らない土地に越してきた方同士の交流の場になるそうです

人との結びつきや生活の張りという事ではとてもたいせつな活動だと思います

しかし、家計を支える収入という事には程遠いものです

応援する側も一時的な募金や物を買うだけではなくずっと支援し続ける必要があります

またその仕組み作りをこれから考えていかなくてはと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海岸通り

20120122縮小版.jpg

午前中に、店の事務仕事をして夕方少し時間があったので

海岸線を走りました

iphone に入れた自転車アプリを使ってみました

速度・距離はもちろんマップで走ったルートも記録され

これで250円とはsign03  走る楽しみが増えました

しかし、いままでのサイコンはなんだったんだ。。。

 

そして帰り途、向こうからランナーがやってきます

すれ違い 「んっ?odaさん?」 急ブレーキsweat01

いつもボランティアでお世話になっているodaさんでした

元気なひとに会うと、こっちも元気になれます happy01

帰りのペダルが軽くなったような・・・

 

 

 

 

 

 

 

県道75号

庵原縮小版.jpg

奥さんの「風もなくて暖かいから自転車日和だよ」の声に送られて来たものの

山はやっぱり寒いsweat01 と、言うか アブナイbearing 路面が完全に凍ってます

一昨年の転倒 骨折が脳裏をよぎります しかも今日はひとり、助けてくれるチャリ師匠もいません

ここは降りて押すしかないsign01

無事に高山を抜け、和田島から興津川を遡上し「趣味の手打ち蕎麦屋 堀井」さんを目指します

iphoneのマップを頼りに到着・・・が、やってる気配が・・・ない ,いや明らかにやってない。

やばいsweat01急激に腹がへってきた~ ひとりさみしくweep52号に向け興津川をくだります

ただ沼縮小版.jpg

第二東名と興津川が交差するあたりで、尋常でない大きさの徳利 bottle  のような建物?を発見

何なんだろうと思いつつ2時すぎに帰宅

 次回は興津から登り「堀井」さんに行きたいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 


初詣

和楽縮小版.jpg

明けましておめでとうございます

今年は大晦日から年が明けると同時にお参りしてきました

( いつもは昼過ぎごろから もそもそと動き出すんですけど・・・)

それもお店のスタッフ taka-p が奉納の和太鼓を叩くとのことで

これは行かねばと

神社の境内に鳴り響く太鼓の音で、身が引き締まる思いで

年明けできました

taka-p haruka 親子共演 かっこよかったですgood

 

 

 

第30次隊懇親会

307縮小版.jpg

先日ボランティアで、知り合った仲間の集まりがありました

2カ月前に知り合ったばかりなのに、ずっと前からの知り合いのような

楽しい時間でした

年齢も職業もさまざまですが「なにか自分にできることはないか・・・何か

せずにはいられない・・」 そんな思いは同じです

6月以来、4回の岩手行きで、数多くの 出会い がありましたが

それは無償のボランティアがいただく最大のご褒美かもしれません

県ボラの方々、一緒に活動した皆さん、気持ちよく送り出してくれた店の

スタッフ、うちの奥さんに感謝です!

30次隊懇親会縮小版.jpgIMG_6688縮小版.jpg

 今朝、懇親会の幹事を務めてくれたモリトウちゃんから仙台より

メールが届きました!

無理し過ぎずにガンバレ!風邪引かないようにネ!

 

清見寺

清見寺縮小版.jpg

今年最後の日曜日、久しぶりにチャリに乗りまして

興津あたりをポタリングです

いつも素通りしていた清見寺を見学(拝観料300円)

訪れるひとも少なく、静かな空気のなかちょっとした

旅気分になりました

最近、ずっと気持ちがボランティアと震災の事に向いていたので

気分転換になりました

自分の時間を持つのも大切ですね

五百羅漢縮小版.jpg

       清見寺 五百羅漢像  

生パスタ

グランボール縮小版.jpg

またまた、奥さんが忘年会で出かけたので、美咲と外でお食事ですrestaurant

以前から気になっていた生パスタのお店「グラデボール 池田店」さんに

行きました

まず、麺が平ら(当りまえか?!) 食感はやや、もっちり(これが生パスタの特徴

でしょうか?)

ともかく難しことは分りませんが美味しかったです

 

 入口近くのテーブルだったのでお客さんの出入りがある度、寒い寒い。。。

そんな気配を察してか、お店の方が膝かけを持ってきてくれました

笑顔の素敵な方で楽しく食事ができましたconfident

 

 

移動販売車

移動販売0104縮小版.jpg

       2011.12.9 大槌町にて

移動販売車がパンやお菓子を積み込みやって来ました

津波の被害を免れたお宅も交通手段を失い、買い物にも大変苦労されています

仮設住宅も山の奥に建っていたりで、タクシーを相乗りして街に出ても,用事の済む

時間が違うので帰りも大変だと聞きました

 「あんたらは、作業が終われば帰れるけど・・・」

返す言葉もなく、ただ心に刻むことしかできません

静岡に帰ると「お帰りなさい」と待っていてくれる人がいて、いつも通りに

パンが焼けて店に並んでいく

今まで当たり前と思っていた事が、とても大切なことに思えてくる

泥にまみれた日用品や、一緒に活動したみんなが気づかせてくれる

いつか自分も、誰かのこころを少しでも暖かくできたら、しあわせだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36次隊

IMG_0131縮小版.jpg

      震災から9カ月の12.11 遠野まごころネットにて

 

12月8日~12日まで県ボラ災害派遣36次隊で活動してきました

遠野には雪が降り、熱中症に気をつけていた夏からの時間の経過を感じましたが

一方で、今回向かった釜石市箱崎では、まだ家財道具があの日のままのお宅も

あり復旧のスピードに地域差があることもわかりました

 

 県ボラの災害バスも年内で終了してしまいます

地元の方々とボランティアの信頼関係が築かれてきている今、なんとか

繋がりを持ち続けていきたいと思います

« PREV 1  2  3  4  5  6
PAGE TOP